研究室のバックアップ体制

サポーターを紹介します

スマートライフサイエンスラボにおけるAI研究は、大阪市立大学の重要なプロジェクトです。荒川哲男学長を筆頭に、医学部のみならず様々な学部が学際的に応援しています。その先生方をコメントを含めて紹介させていただきます。

平田一人

大阪市立大学医学部附属病院 院長

あなたのAI研究を地域医療に役立ててください

平田病院長は、医療データを研究に利用できるシステムづくりに尽力されています。今回は、大阪市立大学医学部附属病院の恵まれた研究環境についてと当研究室に期待することについてうかがいました。

荒川哲男

大阪市立大学 学長

医療をAIで変える!そんな志を持つ「侍」に来てほしい

大阪市立大学の荒川学長は、当研究室の母体となる健康科学イノベーションセンター スマートライフサイエンスラボを創設されました。同ラボ設立の目的やビジョン、人工知能部門に期待することをうかがいました。

三木幸雄

大阪市立大学大学院医学研究科 放射線診断学・IVR学 教授

AIは研究テーマの宝庫。医療の発展に貢献できる

三木教授は、当研究室の代表である植田の「AI研究をしたい!」と提案に許可を出してくださりました。そこが端緒となり様々なAI研究が生まれています。そんな三木教授に、研究を許可した経緯や同研究の実績、可能性についてうかがいました。