医療×AIにおける研究・教育の両立を。

当研究室では、医療とAIの両方を深く理解できる人材を育成しつつ、研究を行います。実感としてまだまだ医療とITの両方を理解できる人材が不足しており、そのような人材の確保はいずれの研究機関及び企業においても喫緊の課題となっています。大阪市立大学として、大阪ひいては日本の研究や技術の向上を目的に、世界トップレベルの研究を通じて、医療者に対してはAI研究をマネジメントできるレベルになるまで、また技術者に対しては医療の現場のニーズを理解したり、さらなる高い技術の習得のための教育を提供します。

部門長メッセージ

 大阪市立大学 健康科学イノベーションセンター スマートライフサイエンスラボ 人工知能研究部門の代表で、健康科学イノベーションセンターの准教授に就任した植田大樹です。放射線科医でありながら、AIエンジニアとして様々な研究・教育に携わらせていただいてきた経験を認められ、この度新たに就任致します。
 今、社会はCOVID-19などの影響で多くの苦難に直面しています。我々、放射線科医も例外でなく、一人でも多くの患者さんを救うため、奔走しているのが現状ではないでしょうか。私には混沌とした現状がどこへ向かうのか検討も付きません。
 しかし、このような社会であるからこそ、医学という確たる学術的土台を再確認し、研究者として放射線医学のさらなる発展の一助となるべく、この研究室を前進させていきたいと思います。

サポーター

本研究室は、学長をはじめ学際的なサポートをうけて運営されています。

平田一人

大阪市立大学医学部附属病院 院長

あなたのAI研究を地域医療に役立ててください

平田病院長は、医療データを研究に利用できるシステムづくりに尽力されています。今回は、大阪市立大学医学部附属病院の恵まれた研究環境についてと当研究室に期待することについてうかがいました。

荒川哲男

大阪市立大学 学長

医療をAIで変える!そんな志を持つ「侍」に来てほしい

大阪市立大学の荒川学長は、当研究室の母体となる健康科学イノベーションセンター スマートライフサイエンスラボを創設されました。同ラボ設立の目的やビジョン、人工知能部門に期待することをうかがいました。

三木幸雄

大阪市立大学大学院医学研究科 放射線診断学・IVR学 教授

AIは研究テーマの宝庫。医療の発展に貢献できる

三木教授は、当研究室の代表である植田の「AI研究をしたい!」と提案に許可を出してくださりました。そこが端緒となり様々なAI研究が生まれています。そんな三木教授に、研究を許可した経緯や同研究の実績、可能性についてうかがいました。

研究室の沿革

研究室について

沿革・論文・授賞

2016/04 人工知能研究会発足
2018/10 Radiology掲載 Deep Learning for MR Angiography: Automated Detection of Cerebral Aneurysms
2018/10 NeuroImaging Summit 2018 (台湾) 登壇
2018/10 医学の歩み267巻4号 AIは画像診断を変えるか?
2018/11 放射線科関西地方会 教育講演
2018/12 Japanese Journal of Radiology (JJR)掲載 Technical and clinical overview of deep learning in radiology.
2018/12 LPixel社講演 RSNAから見えた今後の画像診断AIの未来
2019/01 京都大学講演 人工知能の医療画像診断への応用
2019/03 大阪市立大学医学部長賞 優秀賞受賞
2019/04 第78回日本医学放射線学会総会2演題、第74回日本放射線技術学会総会学術大会1演題発表
2019/07 インナービジョン執筆 
2019/7 JCRニュース 人工知能 (AI) と人間の認知の差異から読み解く未来

2019/07 京都大学画像診断セミナー講演 AI時代の医師の役割
2019/07 日本放射線技術学会中部部会講演 人工知能の基礎から研究応用まで
2019/09 ディープラーニングによるMRAからの脳動脈瘤検出 医療機器認証取得
2019/11 第29回日本乳癌検診学会学術総会講演
2019/12 RSNA The Best of Radiology
2020/3 日本医学放射線学会 最優秀論文賞
2020/8 IVR総会 Featured Abstract受賞
2019/9 胸部レントゲンからの肺癌検出 医療機器認証取得
2020/11 JJR掲載 Visualizing “featureless” regions on mammograms classified as invasive ductal carcinomas by a deep learning algorithm: the promise of AI support in radiology
2021/3 JCO PO掲載 Training, Validation, and Test of Deep Learning Models for Classification of Receptor Expressions in Breast Cancers From Mammograms
2021/3 Radiology掲載 Deep Learning–based Angiogram Generation Model for Cerebral Angiography without Misregistration Artifacts

組織概要

部門 スマートライフサイエンスラボ 人工知能研究部門

設立 2020年4月1日

メンバー

植田大樹 部門長
Michael Walston AIエンジニア

サポーター

松本利雅 教育者
Shannon Walston リサーチアシスタント
堤真一 放射線治療医
佐藤洋一 整形外科医
猪俣充央 AIエンジニア
橋本祥一 AIエンジニア

組織

大阪市立大学 健康科学イノベーションセンター

スマートライフサイエンスラボ

斯波将次 副センター長 ラボ長

後援

荒川哲男 大阪市立大学 学長
平田一人 大阪市立大学病院 院長
三木幸雄 大阪市立大学医学系研究科放射線診断学・IVR学 教授

アクセス

天王寺駅から徒歩10分

所在地は天王寺です。
勤務については、コロナなどの状況に応じてオンラインなど柔軟に対応します。