研究室のバックアップ体制

大阪市立大学 健康科学イノベーションセンター スマートライフサイエンスラボ 人工知能研究部門は、学長や教授が支えています

あなたのAI研究を地域医療に役立ててください

平田病院長は、医療データを研究に利用できるシステムづくりに尽力されています。今回は、大阪市立大学医学部附属病院の恵まれた研究環境についてと当研究室に期待することについてうかがいました。

大阪市立大学医学部附属病院 院長平田一人

病院ぐるみで研究の協力体制を構築

豊富なデータを利用できる点にメリットがあるそうですね

 もちろん今でも、大阪市立大学附属病院の医療データは倫理委員会などの正式な手続きを経て研究者であれば利用可能です。附属病院では2021年4月に新システムを導入することでより多くのデータをより簡単に研究に活用できる環境になります。AIの研究では活用できるデータの多さが肝要です。個人情報の保護に関しては、これまでデータ漏洩の問題が世間一般に起こることもありますが、最新のシステムではこのリスクが限りなく低く、大量のデータを扱えるようになります。

 つまり、患者の情報の匿名化から情報の抽出までの一連の流れがシームレスに行えることで、個人情報を保護した上でデータを研究に利用できます。大阪市立大学附属病院は、こうしたシステムへの投資を惜しみません。

 また当病院は日頃から関連病院と協力関係を築いているので多施設共同研究が可能です。複数拠点のデータを研究に利用できるので、汎用性の高い研究結果を得られます。

 植田先生の研究室ならよりランクの高い医療雑誌で評価されやすい研究ができるということですね。

AI研究を地域医療に役立ててほしい

人工知能研究室に期待することを教えてください

 AIがまず活用されるのは診断学ですね。診断のために心電図を見たり、色々な画像をチェックするのは大変なことです。それをAIが支援してくれたら医療現場は大変助かります。AIが活躍し、より高いレベルで標準化された医療が提供できる世界が訪れるでしょう。

 一方で病院は人手が足りません。医療の質を上げることと医療の仕事量を減らすこと、これを同時に達成するのは非常に難しいことです。いつかAIが病院の効率的な運営や医療の業務改善にも活用され、地域医療全体に役立っている、そんな将来を期待しています。

「人の役に立つ」という実感を味わえる研究室

研究室に興味を持ってくださった方にメッセージをお願いします

 植田先生は医療におけるAI研究のトッププランナーです。ここではやり甲斐があり、仕事をしていると実感できるでしょう。研究室には大阪市立大学医学部附属病院による協力体制がありますので良い環境ですよ。

 研究者の人数が多いほど同時進行で多方面の研究ができます。大阪市立大学附属病院には、もともと世の中の色々な人や意見を受け入れる風土があります。遠慮せずに来ていただいて、のびのびと研究をしていただきたいですね。

植田より

平田病院長がこのプロジェクトをバックアップしてくださるおかげで、人工知能研究室は大阪市立大学の医療データを正規の手続きに基づいて使えます。AI技術を勉強したり応用したりする時に、大学病院の正確な診断のついた医療データを使えるのはとても重要なことです。ありがとうございます。